チャットボットはウェブサイトで使える接客ツールとして有用です。顧客とのやり取りは人手が必要というイメージがありますが、有人での対応は、人数的な問題や時間的な問題があるため、特に夜間に閲覧されることが多いウェブサイトでは、有料のサービスに結びつけるための離脱防止や成果を獲得するためのツールとして使うことができます。実はこのツールの登場は1960年代で、当時はルールに沿った通りにしか会話することができませんでした。ですが今では、人工知能を活用することで、会話の文脈に沿った回答ができるようになり、文字通りテキストでのおしゃべりが可能なロボットとして様々な業界で活用され始めています。

チャットボットによる接客は、特にサポート窓口での活用が進んでいます。特に問い合わせが多いカスタマーセンターやサポートセンターでは、電話で問い合わせをしてもつながらなかったり、メールでの問い合わせは時間がかかり、対応の遅さがクレームになる悪循環が発生しがちです。ですが、チャットボットによる接客を取り入れることで、簡単な内容の問い合わせ以外を有人のコールセンターなどでカバーするだけでよくなるため、顧客の時間的ロスが軽減できます。チャットボットによる接客を行うためには、顧客の質問とその答えに関するデータベースを整備することが大切です。

こちらの作業にはプログラミングの知識は必要なく、あくまで顧客からの質問とその答えがスムーズに表示されることに注力してシステムを作り上げていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です