AIの技術を活用したチャットボットにより、接客の仕事を肩代わりさせている企業が増えています。メインのサービスがあったとしても、それに付随する問い合わせが頻繁に発生する場合はそこに人員を配置しなければなりません。そういった人員はサービスに対する知識を有していて、ほとんどの質問に答えられる様に備えているのです。サービスによっては外部に委託して行っている事も多いぐらい大変な業務です。

外部に委託するのは、専門のスタッフを雇うと管理が大変な事が挙げられます。アルバイトを雇えばいいという考えもありますが、それを管理する社員も一人は常駐しなければならないからです。それが24時間対応になったりすれば、労力は計り知れません。そこで近年取り入れられているのがチャットボットによる接客です。

チャットは文字の会話で、それをAIが自動的に行います。つまり人を配置せずに、AIに覚えさせた会話内容だけで会話するという方法です。音声だと認識の問題で中々精度が高くなりませんが、チャットは文字なのでAIが簡単に認識出来ると言えるでしょう。客からの質問というものは複雑なものもありますが簡単なものも多いのです。

そこでチャットボットに接客をさせる事により、予め入力しておいた質問と回答のリストから内容を判断し、回答します。もちろん複雑すぎる質問は解決出来ない場合もありますが、簡単な質問を人の手を借りずに解決出来るのは非常にありがたい存在と言えるでしょう。チャットボットのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です