チャットボットとは人工知能を利用したチャット機能です。顧客の書き込みに対して適当な回答を表示して、無人でやり取りをすることが可能です。簡単な質問であれば十分に解決することができます。特によくある質問に書かれている範囲のことであれば、適切な対応をすることができるので、顧客によっては、無人であることに気が付かないかもしれません。

WEBマーケティングでチャットボットを活用することで、オンライン接客の可能性を広げることが可能です。顧客からの多くの質問は類似しているため、分類することで求めている情報に誘導することができます。AIはそのよう分類が得意で、人間が対応するよりも迅速に解決に至ることがあります。顧客が求めているのもリアルタイムの解決なので、両者にとって有効なツールと言えます。

オンラインでのやり取りが重要となってきた環境では、WEBマーケティングでのチャットボット導入は避けられなるでしょう。リアルタイムの情報提供ができる企業との差別化が大きくなれば、顧客の選択はより迅速な対応ができる企業です。それができないようなWEBマーケティングでは、顧客を失う恐れがあります。チャットボットがすべてを解決できるわけではありませんが、ある程度までを処理することができます。

それよりも詳しい対応が必要となった部分だけ有人対応に切り替えれば、人員の配置も最低限で済ませることが可能です。接客時間の短縮にもつながるので、処理数を増やすこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です