AIの技術が注目されていますが、最も分かりやすく実際に使われている分野はチャットボットと言えるでしょう。チャットボットは名前の通り、文字の会話であるチャットをボット、機械で動かす事です。機械というかコンピューターと言った方が分かりやすいでしょうか。会話の機械化はどうしても聞き取りの部分で完璧にはいきません。

しかし会話を文字で行う事により、コンピューターと親和性の高いやりとりが可能になるのです。チャットボットは人間のチャットで会話をしてもらい、コンピューターがそれを読み取ります。特に相性がいいのはカスタマーサポートです。カスタマーサポートは客からの問い合わせに対応する仕事や部署を言いますが、常に人が常駐していなければなりません。

もちろん運営時間が決まっていますが、これをチャットボットに任せる事によって大きな効率化を図れるのです。カスタマーサポートには難しい質問も来ますが、調べればすぐ分かるような簡単な質問も多く来ます。それらを機械的に判断して答えたりする作業をチャットボットにやらせてしまえば、難しい質問だけカスタマーサポート担当の人員が対応すればいいという効率の良い状態になります。また、質問内容を覚えてどんどん賢くなっていき、長く続けるほど多くの質問に答えられるようになるのも特徴です。

コンピューターが対応している以上、24時間365日対応出来るところも相性がいい部分と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です