人工知能技術が急速に発達したことにより、様々なサービスでAIが活用されるようになりました。人が対応するサービスと比較するとまだ荒削りな部分はありますが、いつでも利用ができ、適切な提案をしてくれるAI技術は既に大手企業などが積極的にビジネスに取り入れており、一定の成果をあげています。その代表的な例が人ではなくAIが人からの問い合わせに応対するチャットボットサービスであり、チャットボットを導入したことで業務内容が圧倒的にスリムになったという報告は多数確認されています。チャットボットの導入事例ですが、まず社内で導入したところ異なる部署間での簡単な質問のやり取りが減り、より効率的に業務をこなせるようになったという事例が非常に多くみられます。

社内での問い合わせが減ったことで事務処理等にかかっていた無駄な時間を月間で数百時間短縮できたなどの報告もあり、幾つもの部署や部門や支店などを抱える企業で導入することで高い効果が期待できます。またカスタマーサポートにチャットボットを導入した事例では、顧客からの簡単な問い合わせをスムーズにさばけるようになり、電話料金などの通信費用の大幅な削減に成功したという声が多数確認されています。さらには顧客とのやり取りが文章で残るため、顧客のニーズを拾いやすくチャットボットの対応で得た情報をもとに新しいサービスを立案できた企業も存在しています。多くのメリットがあり、積極的な導入を推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です