企業がチャットボットを取り入れるケースが増えています。それには複数の理由がありますが、そのなかでも特に重要なのは人件費の節約です。以前は顧客からの問い合わせは、すべてコールセンターで対応するのが一般的でした。インターネットが普及してからは、メールやチャットでの対応をメインにしているところも多いです。

しかし、それらはいずれも従業員が対応するものであり、その分だけ人件費がかかることになります。それだけでなく、受け答えに関してマニュアルを作成したり指導したりする負担もかかります。また労働人口が減っている現代において、そのような従業員を確保しにくいことも大きな問題です。そのような課題をチャットポットは見事に解決してくれます。

顧客の問い合わせに自動で対応してくれるため、従業員を割り当てなくても大丈夫です。マニュアルや指導なども必要ではないので他の仕事にリソースを回せます。もちろん、企業に対する質問をチャットボットすべて対応できるわけではありません。しかし、そのような質問のみ従業員が対応するシステムにすれば、やはり大きな効率化につながるでしょう。

さらに、質問内容がデータベースに蓄積していくこともメリットの一つです。企業のチャットボットが相手なら、コールセンターに電話するまでもない些細な質問もしやすいでしょう。顧客が気にしているポイントを分析しやすくなるので、商品やサービスの改善に活かせるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です