チャットボットは、チャットをするロボットのことで、自動で話すプログラムです。その多くは文字による対応がほとんどですが、中には音声で会話をすることが可能なものも存在しています。さまざまな業種や用途の企業で使われていますが、その種類はいくつかあります。企業で導入する際には、問い合わせ対応に使われることが多く、いくつかのタイプに分類することが可能です。

その一つが完結型です。完結型は問い合わせ対応をチャットボットのみで完結させます。このタイプは人工知能やFAQを用いて自動応答で対応しています。自社のシステムやオペレーションのために導入したい時に適しているでしょう。

また、有人対応に切り替えが出来るタイプも存在しています。チャットボットだけでは、ユーザーからの全ての質問に回答することは難しいでしょう。仮に制度を上げようとするならば、あらゆる質問を想定してプログラムを行い、事前に回答も用意しなければなりません。そういった時に便利なのが、有人対応に切り替えられるタイプです。

チャットボットだけで十分な対応が出来ないと判断した場合、人間のオペレーターに手動で切り替えをすることで効率的な運用を可能としています。有人対応と自動対応のそれぞれのメリットを最大限生かすことが出来る型だと言えるでしょう。企業でチャットボットを導入する際には、それぞれのタイプの特徴を把握して、用途にあった物を選ぶと良いと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です