国内でチャットボットを提供する企業は沢山あります。それゆえ、導入には明確な比較基準が必要になるものです。先ずはそれぞれのチャットボットをグループ分けし、自社が必要とする業務に適した差p-ビスを選ぶことが大切になるわけです。一つのグループ分けとしては、AIを搭載しているか否かで分かれます。

AI搭載であっても種類があり、非搭載に関しても同様のことが言えます。AI搭載のチャットボットでは、それが自社開発によるものか、OEM提供によるものかで分かれます。一方、非搭載の方は用途ごとに分類することが出来ます。AI非搭載に関してはベンダーごとの技術的違いは殆どありません。

そのため、サービスの種類によって差別化を図っています。サポート体制の充実だったり、マーケティング支援に力を入れたりするわけです。自社開発のAIを搭載するチャットボットは、専門ベンダーの主戦場となっています。自社開発はAIロジックに精通することで、精度を高めていけるのが最大のメリットです。

導入企業もチャットボットの知識をつけており、より高精度なサービスが求められてきます。そのため専門ベンダーは顧客の要望に対応しながら、如何に機能強化を図れるかが生き残りのカギになるわけです。一方、OEM提供のAIでは、学習の時点でブラックボックスが発生します。但し、有人でのアウトソースが考慮できる場合は、総合力として強みを発揮できます。

但し、総合力で強みを持たない企業の場合は、他社や自社開発AIのベンダーに優るのは難しくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です