チャットボットとは、いわば「自動会話プログラム」のようなものです。もともと使用されていた「チャット」と「ボット」という言葉が組み合わされており、これに人工知能コンピューターを加え、自動的に人間に代わって会話をすることが出来ます。昔は会話のパターンを人間があらかじめ入力したものしか流すことが出来ませんでしたが、現在はチャットボット自身が企業のWEBサービスのインターフェースやプラットフォームとなるまでに成長してきました。企業としてあげられるのは、ITの分野だけに限りません。

飲食店やタクシー業界、航空券の予約から秘書へのスケジュール調整依頼などもチャットボットに依頼をするだけで、完了するという社会がそこまで訪れています。リモートワークが定着化しつつある現代では、企業のチャットボットへの関心が高まっています。ところが、問い合わせにはどのようなチャットボットが向いているのか、サービス案内にはどのような人工知能を搭載したサービスを使うべきかなど、企業にとってはまだまだ未知数のサービスとなっているため、導入をためらう企業も多いのが現状です。この現状を打破するために、今では会社のサービスや希望をヒアリングした上で最適なサービスを紹介する、あるいは製造するといった会社が出現しています。

インターネットにはおすすめの製品や人工知能の特徴などが掲載されているので、大変わかりやすいものです。効率的な業務運営のためにも、一度導入を真剣に考えるべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です