チャットボットは、リアルタイムでコミュニケーションを取れるチャットとロボットを意味するボットを組み合わせた言葉で、チャット上で質問をすると自動で答えが返ってくるプログラムのことを言います。そんなチャットボットを導入することで仕事をスムーズにすることができ、企業にもたくさんのメリットが得られます。しかし、企業が導入する場合には社内向けか、社外向けかを考えた上で導入することが重要です。企業に提供されているチャットボットは、社内向けと社内向け、あるいは両方に対応できるものがあることから自社にあったものを導入していかなければ、導入の失敗につながってしまいます。

チャットボットは、大きく分けると2種類に分けられます。管理はがあらかじめ設定したシナリオや質疑応答のプログラムに従って受け答えするシナリオ型と、機械学習によってユーザーの質問を分析して適切な回答を導き出すAI型です。簡単な受け答えだけで良いという場合には、シナリオ型が向いています。特に中小企業では操作方法が簡単で、手軽に編集できるサービスのものであれば簡単に導入することができます。

料金も比較的安価な傾向があるため、導入しやすいのも向いている理由と言えます。問い合わせがたくさんくるような大企業の場合は、機械学習をして回答の精度が上がっていくAI型が向いています。サービスの料金は高くなりますが、その分高性能で学習用の膨大なデータを蓄積できるというメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です