チャットボットはユーザーからの質問に自動で返答してくれるため、近年カスタマーサポートなどで導入する企業が増えています。SNSでも活用できるため、人間が対応していた業務負担が軽減され、人件費などのコストが大幅に削減できるのがメリットです。また電話受付になると対応時間に限りがありますが、チャットボットであれば24時間365日いつでも対応できるため、時間内に問い合わせが行えないユーザーに対しても返答できます。問い合わせフォームであればいつでも質問できますが、回答が届くまで待たなければならないのがデメリットです。

その点チャットボットを導入することで、企業側のコストや業務の負担軽減だけでなく、ユーザー側にも早く疑問や不安を解決できるという利点もあります。コールセンターではどうしても一人ひとりに対応しなければならず、やはり待ち時間が生じてしまいます。ですがチャットボットを導入することで、複数の問い合わせであっても一度に対応できるため、ユーザーがストレスを感じることがありません。社員が対応する企業のコールセンターでは、どうしても人によって対応に差が出てしまいます。

受け答えや知識などが十分でないと、顧客の購入意欲が失われてしまう可能性も考えられます。その点でもチャットボットであれば常に一定のレベルで対応できるので、対応の悪さから顧客が離れてしまうというリスクは生じません。このようなメリットが、企業への導入が増えている理由といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です