社内ヘルプデスク業務や、問い合わせ窓口の仕事をチャットボット化する企業が増えています。この、チャットボットとは近頃注目されるようになったシステムです。会話の「チャット」とロボットの「ボット」が組み合わさった造語とされ、AIを使用したものや独自のシステムを搭載したものがあります。チャットボットを社内ヘルプデスクなどの業務に利用することで、どのようなメリットがあるのでしょう。

最も大きいメリットは、対応コストの削減です。社内ヘルプデスクを用意するのであれば、それに応じるオペレーターやエンジニアを滞在させる必要があります。しかし、問題の切り分けや難易度などによっては、短時間で解決できるものとそうでないものが発生するのです。チャットボットが事前にそれらを振り分け、ヒアリングを行えばオペレーターが待機する必要が無くなります。

さらに、社内ヘルプデスク自体の効率化にもつながるでしょう。チャットボットはシステムですから、24時間体制で対応が可能です。トラブルが発生したときに担当できるエンジニアが不在、ということがありません。問題点を把握し、基本的な情報を得る程度のことは可能となります。

最終的には、社内の発生しやすいトラブルを集約しフィードバックすることも出来ます。事前に発生を防止することや、トラブルシューティングを社員自身が行えるようになれば、多いに役立つことでしょう。現在はこのようなシステムを多数の企業が導入しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です