チャットボットとはチャットを介して自動的にテキストまたは音声で会話に応じるプログラムの事を指します。主にAI搭載型のタイプとAI非搭載のタイプの2種類に分けられます。AIが搭載されていないタイプだと登録された単語を認識して、それに対応する回答をする自動の辞書のような形で対応できます。AIが搭載されたタイプではより文章全体の意味を理解して、回答をするので人が回答するのにより近い形で問い合わせに対応できます。

さらに質問されるほどにデータを集めて蓄積していき、学習機能によってより的確な回答ができるように成長していきます。チャットボットは顧客からの問い合わせに対応するツールとしても活用されていますが、必ずしも対外的に活用されるだけでなく社内で使用される事も多いです。企業内では各部署から経理や総務などの部署に日々質問が舞い込んで、対応する部署にとっては大きな負担になります。特に分業がしっかりなされている規模の大きな企業では、社内からの問い合わせの数が増えるので、それに対する業務量も必然的に増えていきます。

そこでチャットボットを社内向けに運用する事で、各部署からの問い合わせに人が応対する必要がなくなって、業務全体の効率が上がります。チャットボットを導入する以外にもよくある質問をもとめたマニュアルを作成する方法もありますが、これだと質問する側が多くの情報から知りたい情報を探すのに時間がかかります。しかしチャットボットではそれらの課題もクリアできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です