最先端のイノベーションを追求する企業は、チャットボットを活用しています。チャットボットとは、テキストや音声をつうじて自動で会話するプログラムのことです。ボットは『ロボット』の略です。『人工無脳』または『人工無能』ともよばれます。

人がコンピューターで行っていたやりとりを、学習AIによって自動化させれば、コミュニケーションがスムーズになる場合があります。膨大なクラウド情報をもとにして、会話した内容を要約したり応答するだけではなく、辞書のように登録された単語についての応答など、さまざまな形で利用者に答えてくれます。蓄積された情報をもとに、統計的に選んで文章を生成します。このようなものは、機械学習のアルゴリズムや、会話理解研究という観点からも注目を集めています。

近年では、企業がAIの商業利用を展開しており、その中で、チャットボットが活用される状況は、急増します。たとえば、スマートフォンに随伴しているSiriやGooglenowなどといったものが、これに該当します。情報産業とは直接の関係が遠い企業でも、多くの場合チャットボットを利用することによるメリットを享受できる見込みがあります。なぜなら、企業が自動で会話できるAIを導入すれば、顧客とのやり取りを円滑化させることができるからです。

LINEでは、すでに法人向けカスタマーサポートサービスを自動応答に切り換えることができるシステムを取り入れています。『言語の意味理解』や『文脈の理解および読解』など、AIが不得意とする能力を、どのように改善していくかが、今後、AI開発者や利用者の課題となります。そのためには、自動化されたコミュニケーションと有人によるコミュニケーションを組み合わせる方法は有効な手段です。チャットボットのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です