企業経営の効率化を目指すなら、自社サイトへのチャットボットの導入は早めに検討した方が良いでしょう。昨今はコールセンターの質の向上が求められていますが、優秀な人材は不足気味です。もしも相談件数が多くてスタッフへの負担が大きかったり、コールセンターのシステムを導入するのが厳しい時には、チャットボットがあります。人件費の削減や導入費用の手軽さで、企業経営を支えてくれる可能性もあります。

まずチャットボットは自動で顧客の問い合わせに、返答できる能力を持ちます。人間の対応ほど柔軟性はありませんが、一気に10人が相談してきても瞬時に返答できるのが特徴です。もちろん、人間が一人で10人の顧客に対応するとてんてこ舞いでしょう。しかし安易に対応スタッフを増やすと、企業経営に響きます。

人件費もそうですが機材を導入するなど副次的な出費が発生して、雪だるま式にコストがかさむわけです。チャットボットは一定のコストなので、把握しやすいでしょう。利用の際には特徴を把握していくことが重要です。AIは対応できる内容に限度があるため、できるだけ質問と返答を定型化していくことが秘訣です。

価格や製品バリエーションなどの単純な質問はAIに任せて、より複雑な対応は人間がするように、業務を切り分けてそれぞれの長所を活かすと効果的でしょう。近年は電話に比べて、文章なので判りやすく気軽に使えるなどの点で、チャット相談が好まれる傾向にあります。積極的に考えていくと、他社に差を付けられるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です