いろいろな企業が製品を作り出して販売を行う際に必要になるのが、その製品を世の中に知らしめる事です。また、どの様な製品が世の中で求められているのかを知る事も新製品を作る際に重要になってきます。この様に企業が製造する製品と社会との関わりついて諸策を行う事をマーケティングといいますが、インターネットが発達した現在においてはマーケティングもこの技術を活用しています。WEBマーケティングと呼ばれるこの手法は今やマーケティングの最重要項目となっており、様々の企業がその手法を使って新製品の広告や需要の掘り起こしを行っています。

WEBマーケティングではインターネットを利用したマーケティングを行いますので、各時点で多くの人々が利用するインターネットメディアを活用する事が求められる事になります。WEBマーケティングの曙期には、ディレクトリ型検索エンジンを中心としたものが主流であり、検索結果は五十音順に配列されたものでした。従って、その時のSEOはホームページの名前を工夫するという事が行われいました。その後、インターネット検索がクローラによるロボット検索型の物に代わり、SEOについても外部リンクやメタタグなどを用いる手法がとられるようになりました。

その後、ブログやSNSが隆盛になり有名人や人気を集めたブロガーなどを利用したWEBマーケティングの主役となって来ています。この様な手法で各企業のホームページに誘導された潜在顧客が製品を購入する補助手段として、現在はAIチャットボットを使ったコミュニケーション手法が用いられる様になって来ています。これは現在のインターネット利用者がSNSなどでチャットを行う事が普通になって来た事によるものです。チャットボットは多くの顧客とのやり取りを通して様々の対応について学んでいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です