何かしらの商品やサービスを一般客に販売している企業は、問い合わせ先やカスタマーサポートセンターを設けている場合がほとんどです。有名なテレビショッピングなどでは、365日24時間注文や問合せを受け付けている所もあります。そういった仕事をしているオペレーター達を悩ます存在がいるのですが、それは問合せとは名ばかりの言いがかりやクレームをつけてくる、所謂悪質クレーマーと言われる人達です。オペレーターを仕事にしている人たちにとっては、いくらそれで給与を得ているとはいえ、うんざりするものです。

そういった悪質クレーマーは電話口で怒鳴ったりネチネチと文句を言ったりする人が多いわけですが、一向に埒が明かず、商品代をまけさせたり、必要以上のサービスを要求してきて、それを承諾させないと解放してくれないという事例が少なくありません。中には、問い合わせは電話ではなくメールでという企業も多くあります。ただ、メールは即時に回答が得られるわけではなく、返事が数日かかってしまう場合もあり、問い合わせをする人たち全員が、時間がかかっても構わないという人ばかりではありません。そこで即時に回答が得られ、オペレーターも電話口で怒鳴られるような事もなく、それでいてカスタマーサポートの役割を果たせる機能をもったものが必要とされるわけですが、それがチャットです。

言いがかりもクレームもチャットでもありますが、電話口でクレームを言われる事に比べたら、オペレーターが感じるストレスはかなり軽減されるのではないでしょうか。また、チャットであれば、言葉を考える時間も多少できますし、お客側もオペレーター側も冷静になれるものです。これは現代社会にマッチしたカスタマーサポートといっても過言ではないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です