ネットで商品を販売するときに、チャットでカスタマーサポートができればお客さんの満足度がアップします。これまでは電話やメールで対応していましたが、最近では導入する企業が増えています。電話やメールは、お客さんがどこでつまずいているかや何がわからないかを聞くのに時間がかかります。しかしチャットの導入によって、文章で伝えることが可能で。

お客さんが見ているページを確認しながらだとサポートの担当者の負担が軽くなり、人件費の節約にもなるでしょう。電話サポートは、電話回線やコールセンターの解説など手間がかかります。アナウンスのみが流れてお客さんを待たせるばかりでは、逃げられてしまうこともあります。チャットはリアルタイムで対応するので、迅速な判断や対応のスキルが大切。

担当者がすぐそこにいるような、短い文章でのやりとりが必要になります。質問の答えを、正確に素早く判断することが大事です。最近人気が出ているサービスがラインと連携しているサービスで、コミュニケーションツールとして便利です。家族や友人に話すように、カスタマーサポートを利用してもらえます。

さらに興味をもっているひとにアプローチできるように、サイトの訪問者の状況を確認できるシステムも。どのページにお客さんが訪問したかを知ることによって、経営に活かせたりデータを活用することが可能。カスタマーサポートが充実している会社は、口コミでも評判がよくなるのがメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です