現代社会においてSNSの普及により、簡易的なやりとりとして、チャットが流行っております。年代も様々で、お年寄りから学生まで、多種多様です。近年はネットワークが普及したことによって、いろいろなチャットなどのやり取りなどから派生して犯罪がおこっています。色々な事例がありますが、まずはチャットの際に偽名や偽装された写真(加工写真)などを作成して、相手をだまし金銭や性的な欲求を求めるものがいます。

未成年までもがこのような事例に巻き込まれているため、SNSが便利なのもわかりますが、チャットは簡易的な故、危険なコンテンツでもあります。その他にも、高齢の方から、詐欺でお金を要求する事例もあり、年齢層は60~75歳を狙うことが多いようですが、SNSを使用している高齢の方は機械に慣れているためか、あまり金銭面の犯罪に巻き込まれるケースは少ないです。圧倒的に多いのが、未成年や年配の男性たちに援助交際をしていることで、体的な要求の際に起きるトラブルが主になります。未成年以外にも金銭目当てで、20代、30代女性がパパ活と称して、年配の裕福層に金銭をもらう代わりにデートなどをするのが近年流行っていました。

チャットといえば、インスタグラムやツイッターのダイレクトメッセージもその類に入るかと思いますが、出会いを求める若者には必須となっており、出会い厨という人種もいまでは多くなってきており、犯罪やあまり良いことに使われていないことが多く目立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です