国内の企業の多くは、自社の公式サイトを開設しており、そこには消費者だけではなく会社からの問い合わせができるようにフリーダイヤルやメールフォームを用意していることは多々見られます。現在では更に進化したチャットボットをサイト内に設けている企業が増加傾向にあり、既に3、000社以上の企業のサイトで採用されています。採用事例の中には各種商品を製造販売するメーカーから、一般消費者向けの商品を販売する会社、各種サービスを提供する会社など、ジャンルは非常に多いことが特徴的です。分かりやすい事例では、自社のみで商品を製造販売をしており、ネット通販にも対応している会社の場合、商品について消費者は分からない点や疑問に感じる点などが出てくることもあります。

例え商品を購入した後でも不具合を感じた場合、故障かもしれないと感じた際にもチャットボットを導入していると、スムーズに解決に至る可能性が高まります。会社関係でも一般消費者でも、何かしらの質問があれば、サイト上にチャットボットを導入することで、関わる全ての方にメリットを感じることは既に多くの企業が体感していることも事実です。役立った事例の中には、導入前はフリーダイヤルを利用して質問をしてくる消費者が多いという場合でも、チャットボットの効果により電話の数が減ると共に、24時間いつでも利用できることから、サービスを充実させることにも貢献できます。結果的に企業側はオペレーターを増員する必要性が無くなり人件費のカットを行えたり、利用者側は電話で問い合わせるまでの問題ではない内容であれば、無人でチャットボットで解決できるようになることも魅力です。

お客様満足度という言葉がありますが、更に満足度を高めることにも役立つ機能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です