営業支援型チャットボットツールとは、会社の営業においてユーザーを支援する形で展開されるツールのことになります。従来の方針であれば、会社で発売されている製品のカスタマーサポートは人間が行うことで対処をしていましたがこの手法は人員を割いてカスタマーサポートを設置しなければならず、会社にとっては余計に人員を配置しなければならないという問題がありました。そこで登場したのがチャットボットと言う支援型プログラムになり、このプログラムはAIがチャットを通じて利用者の質問に答えることで、カスタマーサポートと同じ業務をこなすためカスタマーサポートの人員を削減することに成功している企業も多いです。この営業支援ツールの強みは、24時間顧客に対してアフターサービスや質問を受け付けていることにあり、それら質問のデータはツール利用者が分析することでどのようなことをユーザーが知りたがっているかを間接的に把握することが出来ます。

もちろんチャットボット自体の性能にもよりますが、チャットボット自体のプログラムはアップデートによりより高性能化を図ることも可能であるため、人員を24時間配置して質問や不具合が生じた際の調査に応じるよりも少ない人員で対応することが出来ます。つまりは、不足する人員をAIによって補おうという考えがチャットボットになり、このツールを用いることで企業側は少ない人員でもユーザーサポートを提供することが可能であるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です