近年、チャットボットツールを導入する企業は増え続けています。しかし、現在では様々なチャットボットが登場しているため、導入する際は各ツールを比較して自社に合った製品を選ぶことが大切です。チャットボットは、大きくAI型とシナリオ型という2つのタイプが存在します。そのため、各ツールを比較する際は、まずAI型とシナリオ型のどちらが自社に合っているのかを判断することが重要です。

AI型は、より人間に近い会話ができるというメリットがありますが、価格が高いことに加えて運用開始までに時間がかかるというデメリットがあります。一方のシナリオ型は、価格が安くスピーディーに運用開始できるというメリットがありますが、あらかじめ設定しておいたルールの範囲内でしか回答できないのがデメリットです。このように、AI型とシナリオ型にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、それらを理解した上で自社に合っている方を選択してください。AI型とシナリオ型のどちらを導入するのかが決まったら、次に搭載されている機能を確認していきましょう。

チャットボットツールには会話機能だけでなく、自動返信機能やモニター機能、アンケート機能といった様々な機能が搭載されています。したがって、自社にとって必要な機能を明確にして、その機能が搭載されているツールを絞り込んでいきましょう。また、サポート体制の充実度も重要な比較ポイントです。チャットボットは導入したら終わりではなく、運用開始後も定期的なメンテナンスが必要となります。

そのため、各製品を比較する際は、どのようなサポートが受けられるのかも確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です