近年、企業サイトでは顧客からの問い合わせに迅速に対応する為に、コールセンターだけでなく、チャットを使った応対を行っているケースが多々あります。チャットを使うメリットは、コールセンターへ電話をして担当部署に取り次いでもらうのにかなりの時間がかかるのとは違って、直ぐに応対してもらえる点です。サポートツールとしてのチャットボットは、従来型のチャットとは違って、顧客の質問に対して直ぐに答えてくれます。これは、顧客にとっては知りたい情報を短い時間で知る事ができ、企業にとっては顧客への対応の回転率を大幅に上げる事が可能になるからです。

企業のカスタマーセンターには、顧客から多くの質問が寄せられます。その中には、重複している内容も多くあるので、そのような内容はサポートツールであるチャットボットを活用した方が効率良く回答が出来ます。また、現代社会では、電話よりもメールやSNSやチャットを使う機会がとても多い為、チャットボットを設置しておく事で、顧客にとっても使い易いツールとして活用出来るのが良い点です。チャットボットは、人件費を削減する目的でも導入が進められているツールであり、合理化を進める事で、予算を企業が本来投資したい分野に集中させる余地を生み出します。

質問に対する答えをデータベースとして登録しておき、顧客からの問い合わせがそのデータベースに該当するものであれば、人を使って対応する手間を減らせます。電話やメールでの問い合わせも引き続き提供する事で、チャットボットで対応しきれない内容にも応じられる体制作りが行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です